メディアで話題の食材宅配速報 今話題のネットスーパーがひと目でわかる総合情報サイトです。
暮らしのお役立ちガイド

ネットスーパー比較ガイド

生活の知恵&節約コラム
無農薬野菜と有機野菜の違い

見分けづらくなった3つの定義
無農薬野菜に減農薬野菜、有機野菜。それぞれ農薬や化学肥料などの使用基準が違いますが、表示ガイドラインの改正で見分けがつかなくなってしまいました。消費者が選ぶ基準はJAS認定マークと信頼できるお店ということなのか?

わかりにくくなった表示方法だからこそ信頼できるお店で!

無農薬野菜とは、農薬を使わずに栽培した農産物のことです。生産者が自分の栽培履歴を作り、農薬を使用していないことを立証した野菜のみ「無農薬野菜」と表示できます。ただし、畑の土そのものに農薬や化学肥料が残っている場合や、周辺の畑や田んぼの農薬や除草剤の影響を受けている場合もあります。減農薬野菜は、その名の通り農薬を最低限使用して栽培した野菜のことです。果物やさつまいも、きゅうりなどは、基本的に農薬を使わないと栽培が難しいといわれ、農薬の使用回数を減らしたり、希釈して薄めて使用したりします。生産者により無農薬に近いものもあれば、逆に農薬をギリギリまで使っている生産者もいます。有機野菜とは、2001年にJASと呼ばれる日本の農林規格の中の認定制度が導入され、「有機JAS規格」を満たしたと認定された野菜のことです。

有機野菜の定義

・種まき又は植え付け前2年以上、禁止された農薬や化学肥料を使用していない田畑での栽培
・栽培期間中も禁止された農薬、化学肥料は使用しない
・遺伝子組み換え技術を使用しない
など、土づくりや野菜の栽培方法、収穫から出荷まで細かい規定があります。ただし、無農薬と違い、一部の農薬は使用が認められていて、使用回数の制限はありませんので、しっかりとした生産者側のモラルも問われます。この認定を受けた農作物には、JAS認定マーク(画像)がつきます。ただし、勘違いしやすいのは、JASマークのついた野菜以外も、スーパーの店頭などでは「有機野菜」「有機栽培」「オーガニック」などと表示してあることです。ですので、店頭などで有機野菜を選ぶときには、JASマークがついているかどうかがひとつの目安になります。

さらに、野菜を作るには農薬だけでなく、化学肥料を使うのか、有機肥料を使うのか、除草剤はどうするのか?など、たくさんの問題をクリアしなければなりません。安心・安全でおいしい野菜を作るには、農家の方の苦労と工夫がギュッと濃縮されているのです。ただし、今まで「無農薬」「減農薬」と表示していた野菜は、農林水産省の「特別栽培農作物に関わる表示ガイドライン」の改正により、2008年4月からは一括して「特別栽培野菜」と表示することとなり、消費者としてはますますわかりにくくなってしまいました。この改正により、完全無農薬で作られた野菜も最低限とはいえ農薬を使っている野菜も、消費者にとっては見分けがつかなくなってしまったのです。これらのことを考えても、信頼できるお店や生産者から購入するのが一番のようです。