メディアで話題の食材宅配速報 今話題のネットスーパーがひと目でわかる総合情報サイトです。
暮らしのお役立ちガイド

ネットスーパー比較ガイド

食材宅配「お試しセット」で作ったレシピ
「ベネッセの食材宅配」の食材で作った簡単レシピ

「ベネッセの食材宅配」の食材で作った簡単レシピ
家庭で作れる沖縄料理のレシピ酢は単なる調味料としてではなく、ギリシャ時代には医学者のヒポクラテスが病気の治療に使っていたとされています。また、クレオパトラも美容と健康のために、真珠を酢に浸して飲んでいたと言われています。鶏手羽元の甘辛煮は、お酢をたっぷりと使っていますので、健康にもプラスなだけでなく、さまざまな薬効のある昆布を添えるところが沖縄の長寿の秘訣とも言えます。手早く作るコツは、まず時間のかかる甘辛煮を火にかけてしまいましょう。それから、干ししいたけも戻すのに20分程かかりますので、先にぬるま湯に浸しておきます。その間に、そうめんチャンプルーの具材を切るようにすれば手早く調理ができます。

沖縄風鶏手羽元の甘辛煮

沖縄風鶏手羽元の甘辛煮

健康食と言われるお酢と昆布を使った沖縄長寿食のひとつ。甘酸っぱい風味と刻み昆布のパワーで、食べると元気の出そうなレシピ。実際に試食してみると、甘酸っぱい感じがクセになる味です。鶏肉はあらかじめ茹でこぼしをしますので、ほどよい脂分でサッパリと食べられ、一度に食べると勿体ない気がして翌朝用に半分残しました(笑)。調理のポイントとして、砂糖が入っていて焦げやすいため火加減には注意すること。お酢が苦手な人には、酢の量を減らしてもOK!伝統的な沖縄料理は長寿食としても有名ですが、鶏の手羽元にはタンパク質やビタミンA、コラーゲンが多く含まれ、中国の楊貴妃も好んで食べていたと言われています。また、昆布にも美容やダイエット、便秘予防の効果がある他、高血圧や成人病、ストレス緩和、骨粗しょう症などの効果があることから長寿食として使われています。

材料(2人分)
■ 材料(2人分)
国産鶏手羽元・・・10本、刻み昆布・・・1パック(10g)、赤唐辛子・・・1本、にんにく・・・1かけ
調味料(酢・・・1/2カップ、砂糖・・・大4、しょう油・・・大3、酒・・・大3)
■ 作り方
1.刻み昆布は、水で戻して食べやすい長さに切ります。
2.鶏肉は、骨に包丁が当たるまで切り目を入れ、熱湯でサッと茹でこぼし、ザルに上げておきます
3.鍋に調味料を入れ、赤唐辛子とにんにくをそのまま加え、火にかけて煮立ったら(2)の鶏肉を入れて煮込みます。
4.20分ほど煮たら、刻み昆布を加え柔らかくなるまでさらに煮ます。
5.煮汁がトロリとしてきたら器に盛ります。

そうめんチャンプルー

そうめんチャンプルー

そうめんだけだと野菜不足になりがちですが、このそうめんチャンプルーなら、野菜もしっかり摂れますね。チャンプルーは沖縄料理の炒め物のことで、その代表がゴーヤーチャンプルーですが、ゴーヤーはどうしても苦手という人が多いので、ピーマンなら食べやすくていいですね。そうめんを炒めるというのは初めてですが、確かに麺類ですから・・・これが結構イケます!特に夏場は食欲が落ちますので、炒めたそうめんなら食べやすいので定番メニューになりそうです。

材料(2人分)
■ 材料(2人分)
そうめん・・・1束(100g)、まぐろオイル漬け缶・・・1缶(80g)、スライス干ししいたけ・・・1パック(2.5g)、人参・・・1本、ピーマン・・・1個
調味料(サラダ油・・・小1、油・・・大1、塩・コショウ・・・少々、しょう油・・・適宜)
■ 作り方
1.干ししいたけをぬるま湯で戻します。目安は約20分です。
2.まぐろのオイル漬けは、缶汁をきっておきます。
3.人参とピーマンは、千切りにします。
4.そうめんは約1分、堅めに茹でて水でよく洗い、水気を切ってサラダ油をまぶしておきます。
5.フライパンを熱し油をなじませ、(1)のしいたけと(3)の人参を入れます。
6.少し火が通ったら、(2)のまぐろのオイル漬けと(3)のピーマン、(4)のそうめんを加えてさらに炒め塩・コショウで味をつけます。
7.仕上げにしょう油を鍋肌から落として香りをつけ器に盛ります。