メディアで話題の食材宅配速報 今話題のネットスーパーがひと目でわかる総合情報サイトです。
暮らしのお役立ちガイド

ネットスーパー比較ガイド

食材宅配「お試しセット」で作ったレシピ
「おいしっくす」の食材で作った簡単レシピ

「おいしっくす」の食材で作った簡単レシピ
お肉とアスパラガスがメインのレシピ3品アスパラガスも豚肉も、疲労回復やスタミナ増強に効果がありますので、「最近疲れ気味かな?」という方には特におススメのレシピです。キウィはレモンよりもビタミンCが多いので、デザートして食べるだけでなく、こんな風にドレッシングとして応用するのも目先が変わっていいですね。お味噌汁は、お味噌と豆腐のダブルで大豆を摂ることができますので、カラダの筋肉や血液、骨格などを作るタンパク質を多く摂取できます。

館ケ森高原豚とアスパラガスの生姜焼き

館ケ森高原豚とアスパラガスの生姜焼き

新鮮なアスパラガスなので、軽く別茹でしておけば炒める時間が短くてすみ、美味しく食べられます。豚肉も炒め過ぎないようにしましょう。時間のない時には、調味料はビニール袋に入れず、直接味付けしても良いでしょう。豚肉もアスパラガスも疲労回復効果がありますので、スタミナが欲しい時には特におススメのレシピです。豚肉の脂身は、コレステロールを下げる脂肪酸が豊富に含まれていますので、メタボが気になる方でも安心です。

材料(2人分)
■ 材料(2人分)
館ケ森高原豚・・・180g、アスパラガス・・・1束、
濃厚な新鮮たまご「黄身恋し」・・・2個、サラダ油・・・小1
調味料(しょう油・・・大2、みりん・・・大4、料理酒・・・大2、
味噌・・・小1、生姜汁・・・大1)
■ 作り方
1.付け合わせ用の卵を茹でておきます。
2.合わせた調味料の入ったビニール袋に豚肉を入れ、袋の口をしばり軽くもんで30分ほど寝かせます。
3.アスパラガスは、たっぷりのお湯で少し固めに茹でます。
4.フライパンを熱したら油を注ぎ、(2)の豚肉をタレごと入れ炒めます。
5.豚肉にある程度、火が通ったら(3)のアスパラガスを加え、強火でサッと炒めます。
6.器に盛ったら、縦に半分に切った茹で卵を添えます。

ほうれん草とエリンギのキウィドレッシングサラダ

ほうれん草とエリンギのキウィドレッシングサラダ

ほうれん草は生でも食べられる程、新鮮で柔らかいのですが、エリンギとの歯触りを合わせるため、サッとお湯にくぐらせる程度に茹でます。時間がない時には、エリンギはあらかじめ細かく裂いておくと1分程で茹でることができます。キウィの程よい酸味と甘さが、子どもにも食べやすいドレッシングです。ほうれん草もキウィもビタミンCを多く含んでいますので美容効果もあり、女性には特におススメです。また、キウィは皮付近にタンパク質分解酵素が含まれていますので、お肉と一緒に食べると胃もたれを防いでくれます。ほうれん草は鮮度が命なので、できれば届いたその日に使いましょう。

材料(2人分)
■ 材料(2人分)
ほうれん草・・・2/3束、エリンギ・・・3本、キウィ・・・1個
ドレッシング(酢・・・大4、サラダ油・・・大2、砂糖・・・小1/2、塩・コショウ・・・適宜)
■ 作り方
1.ほうれん草はお湯にくぐらせる程度、エリンギは3分程、軽く茹でて水にさらしておきます。
2.ボウルに調味料を入れて合わせ、すりおろしたキウィを加えます。
3.ほうれん草とエリンギを食べやすい大きさに切り器に盛り、(2)のドレッシングを上からかけます。

とろーりまろやか絹豆腐とほうれん草の味噌汁

とろーりまろやか絹豆腐とほうれん草の味噌汁

ほうれん草は生でも食べられますので、味噌を加える時に一緒に入れます。ほうれん草はサッと茹でることでカサが減りますので、たくさん食べることができます。大豆は「畑のお肉」とも呼ばれ、タンパク質は牛肉よりも多く、コレステロールを抑え、ガンの予防効果もあるとされています。豆腐の味噌汁なら、2種類の大豆製品を1度に摂ることができます。また、豆腐やほうれん草は、カラダを冷やす陰性の働きがありますが、火を通すことでカラダを温める陽性の働きに変わります。冷え性の方は、できれば冷奴よりも味噌汁などにして火を通してから食べたほうがいいでしょう。

材料(2人分)
■ 材料(2人分)
館ケ森高原豚・・・180g、アスパラガス・・・1束、濃厚な新鮮たまご「黄身恋し」・・・2個、サラダ油・・・小1
調味料(しょう油・・・大2、みりん・・・大4、料理酒・・・大2、味噌・・・小1、生姜汁・・・大1)
■ 作り方
1.鍋にお湯を沸かし、沸騰したら豆腐を入れます。
2.再び沸騰したら、食べやすい大きさに切ったほうれん草と味噌・だしの素を加えてサッとひと煮立ちさせて器によそいます。